映画「神様はバリにいる」を視聴できる動画配信サービス

神様はバリにいるの宣伝メイン画像

映画「神様はバリにいる」を視聴できる動画配信サービスです。

「神様はバリにいる」は、実在する大富豪クロイワ・ショウ原作の「出稼げば大富豪」を元にした人情コメディー映画です。インドネシアのバリ島で暮らす堤真一演じる大富豪は、周囲の人々から慕われ、誰もがひと目置く存在を放っていました。そこへヒロインである尾野真千子演じる照川祥子が、日本で事業に失敗してバリ島へと逃げ込んできたのです。

ここで2人は出会うことになります。周囲からはアニキとも呼ばれる大富豪から、照川はビジネスで成功するための秘訣を学ぼうとします。しかしアニキのあまりの破天荒さに、照川は徐々に疑心暗鬼になっていきます。そんな時に、日本で倒産させてしまった会社の客だったナオト・インティライミ演じる杉田が現れ、物語はヒートアップすることになります。

笑いと感動に溢れ、人間愛を感じる作品となっています。「神様はバリにいる」は、大富豪の豪快な生活や人間模様を見てストレスを発散したり、人と人との愛情に涙したい人には打ってつけの傑作です。

この作品を視聴できるVODサービスがこちらです。

 

dTV

dTVはNTTドコモが運営する大手動画配信サービスの一つで、「神様はバリにいる」をはじめとする映画作品を多数配信しています。

ドラマやアニメなども含めると、コンテンツの総数は驚異の12万本となっています。月額料金は500円(税抜き)に設定されており、期間内であれば何度でも好きなだけ見ることができます。

dTVは他の動画配信サービスと比べても月額料金が安く、断然お得と言えます。例えばU-NEXTであれば倍以上の1,990円であり、Huluでも933円掛かります。その半分の値段で12万本もの動画コンテンツを楽しめるdTVが、いかに破格であるかが理解できるはずです。

dTVは配信されている動画をダウンロードできることも特徴です。これによりインターネットに接続しなくても好きな時に視聴できる他、スマートフォンに移して持ち歩き、外出先で楽しむこともできます。

外出先からアプリでdTVの動画を視聴すると、データ通信量が増えてしまうのが気がかりですよね。事前に自宅でダウンロードしておけば、そのような心配をすることもなくなり、快適に利用できるでしょう。おまけに動画をダウンロードする際は画質も選択できるため、ストレージ容量に応じた使い方ができます。

さらにdTVではオリジナルコンテンツの「BeeTV」を展開しています。BeeTVでは人気芸能人が出演するオリジナルバラエティ番組や、映画のスピンオフドラマなどが配信中です。テレビでは見ることのできない芸能人の素顔を垣間見ることができたり、インターネットならではの挑戦的な企画も満載なので、バラエティやドラマが好きな人にはおすすめのコンテンツとなっています。

dTVの良さは月額料金の安さやコンテンツの多さだけではありません。画質も文句のないクオリティとなっています。HD画質はもとより、4KやHDRにも対応しています。もちろん再生する機器が4K等に対応している必要がありますが、仮にHD画質であってもパソコンやスマートフォンで視聴する分には問題ないので心配ありません。

別売りのdTVターミナルを使用すれば、dTVのコンテンツをテレビで視聴できるようになります。使い方は至って簡単で、テレビとdTVターミナルを接続し、dTVへログインするだけです。dTVターミナルはそれ以外にも、スマートフォンで撮影した動画や写真をテレビに映し出して楽しむことも可能となっており、使い方次第では日常生活において大いに活躍してくれることでしょう。

映画やドラマ、アニメのみならず、dTVには音楽コンテンツも豊富に用意されています。その数はおよそ2万本で、有名アーティストのミュージックビデオからLIVE動画まで、用意されているジャンルも幅広いです。

いくら多くの動画が配信されていても、再生機能が貧弱だと十分に楽しめません。その点でdTVは再生速度が「標準」「1.5倍」「2倍」と3段階まで選べるようになっており、サクッと視聴したい場合などに重宝するはずです。ただしスマートフォンやタブレットで利用できるアプリ経由でしか使えないので注意しましょう。

いきなりdTVに加入するのに抵抗があるという人は、31日間の無料おためしを利用してみましょう。無料期間中は見放題作品がすべてタダで視聴できます。いくら見ても後から料金が請求されることはありません。

無料おためしを利用する場合に注意する点としては、登録時にクレジットカード情報を入力するため、無料期間が終了すると自動的に有料会員へ移行してしまうことです。また、日割り計算ではないので、月の終わりに有料会員になっても、月の初めになっても同じ金額が請求されます。そのため有料会員になる場合は、月初めに登録することをおすすめします。

dTVは日本国内向けの動画配信サービスであるため、「神様はバリにいる」をはじめとした邦画が数多く提供されています。スピンオフ作品も日本のドラマや映画に関連するものが多いのが特徴です。一方で海外ドラマのラインナップは、海外に本社を置くHuluやNetflixと比べるとやや少なめです。それでも最新の人気海外ドラマはしっかり網羅されているので、不満を感じることはないはずです。

dTVは12万本という国内でもトップクラスのコンテンツ数を誇り、オフラインの視聴にも対応するなど、細かな配慮の行き届いた動画配信サービスとなっています。人気作品の「神様はバリにいる」を高画質で視聴できるだけでなく、ダウンロードして外出先の空いた時間に鑑賞したり、再生速度を変更できるなど幅広い楽しみ方ができるのもdTVの魅力です。

無料おためしを利用すれば31日間はどれだけ見てもお金が発生しないので、迷っているのであれば一度試してみてはいかがでしょうか。

 

FODプレミアム

フジテレビが運営するフジテレビオンデマンドで、名称はFODプレミアムといいます。HuluやU-NEXTと同じ動画配信サービスで、「神様はバリにいる」は個別課金が必要なレンタル作として放映されています。

2018年11月現在、1ポイント=1円換算で400ポイントで購入できるのですが、実はFODプレミアムでも無料で視聴することができます。無料お試しに登録後、100ポイントが無料で付与される上、8がつく日(8日、18日、28日)にもそれぞれ400ポイントずつ貰えるルールになっているので、このポイントを使えば無料で見れるというわけです。

dTVは見放題作品として視聴できますが、既に無料体験を使い終わってしまった場合でも、FODプレミアムで無料で視聴することが出来ます。具体的な契約方法は「FODプレミアムの1ヶ月無料お試しの登録方法【無料期間だけで解約する】」にて解説しています。